神保町・老舗のデカ盛りカレー「まんてん」カツカレーを食べてみた

p_20161014_131019-2

安い、美味しい、ボリューム満点!と3拍子揃ったカレーの老舗「まんてん」。神保町の路地裏で、行列を作る人気店です。平日の昼時にランチを食べに行ってみました。写真を中心に紹介します!

スポンサーリンク

路地裏の名店「まんてん」

2016%e5%b9%b410%e6%9c%8822%e6%97%a5_12%e6%99%8231%e5%88%8651%e7%a7%92

お店の場所は、水道橋と神保町の中間位。ぼくは、水道橋から歩いて向かいました。

大通りを進んで行くと左手に「ライスカレー まんてん」の黄色い看板が!

角にある「肉そば総本山神保町けいすけ」が曲がる場所の目印。

2016%e5%b9%b410%e6%9c%8822%e6%97%a5_12%e6%99%8231%e5%88%8653%e7%a7%92

この路地裏を進んだ左側に「まんてん」はあります。

p_20161022_122921

いかにも昭和の食堂をイメージさせるレトロな外観。

ガッツリ系のサラリーマンを中心に行列が出来ていました。昔から通う年配の常連さんらしき人も多いです。

トッピングいろいろ

p_20161014_132217-2

店頭にポツンと置いてある飾り気のないサンプルケース。手作りのプライスカードがまたいい味だしてます。

並みのカレーが500円。カツカレーは650円。そのほか、シューマイ、ウィンナー、コロッケといったトッピングのカレーが各600円と全体的に手頃な価格。

p_20161014_130718-2

次々と人が流れてあっという間に店内に案内されました!回転が早い!

店内はコの字のカウンターのみで席間は物凄く狭め。

しかも、今回案内された席はコの字のちょうど角っこ!ここ席なのかー?

かなりギュウギュウで、お隣同士気を使います。

デカ盛りなら全部乗せ

p_20161014_131018-2

何にしようか迷いながらカツカレーを注文!

どこにも書かれていませんが、トッピングを注文すると大盛りにしても追加料金はかからないようです。

さらに、裏メニューとしてトッピング全部のせ1000円というものが存在します。ジャンボカレーに揚げ物たっぷりのヴィジュアルは迫力満点!全部食べられる自信のある人は挑戦してみよう!
p_20161014_131107

揚げたて熱々のカツが乗ったカツカレー。カツの厚みも結構あって、よくあるペラペラの衣カツではありません。サクッとした食感も楽しめます。

挽き肉が入ったどろっとしたルーは、辛さはありませんが、コクがあってなかなか美味しいです。

p_20161014_132053-2

カウンターには、昔ながらの赤い福神漬けも置いてあり、味の変化をつけるのに最適です。

辛いのが好きな人用に、チリパウダーも用意されています。

ぼくは、両方ともたっぷりかけて食べました!

p_20161014_131019-3

席に座ると置かれるのが、スプーンの入ったお冷やと、小さいカップに入った謎の黒い液体。最初は、カツにかけるソースなのか?なんて思いましたが、サービスでつくアイスコーヒーでした。

カレーを食べた後は、コーヒーをグイッと飲み干してから店を出ましょう!ゆっくり出来る雰囲気じゃないですしね!

[月~金]11:00~20:00
[土]11:00~16:00
定休日:日曜日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする