「ちまき屋」で本格台湾ちまきを食べる!横浜中華街の隠れ家!

2014%e5%b9%b411%e6%9c%8822%e6%97%a5_12%e6%99%8232%e5%88%8600%e7%a7%92
横浜中華街の路地裏にある「ちまき屋」。場所がものすごく分かりづらいにも関わらず、テレビや雑誌で紹介され、たくさんの人が訪れる人気店。そんなちまき屋の場所と本格台湾ちまきをご紹介します。

スポンサーリンク

「ちまき屋」の行き方

2014年11月22日_11時56分36秒

横浜中華街には全部で9つもの門があります。ちまき屋は山下公園側にある朝陽門から行くと一番近いです。

2014年11月22日_12時05分23秒

横浜中華街で一番賑やかな中華街大通に入り、山下町交番を過ぎた最初の交差点を左に曲がります。少し進んだ先にある細い路地を左に入るとちまき屋があります。写真で曲がる場所をよく確認してみてください。

2014年11月22日_12時38分25秒

細い路地の先にちまき屋があります。薄暗い雰囲気ですが、間違いなくお店はありますので勇気を持って路地に入りましょう!

2014年11月22日_12時04分48秒

プレハブ小屋の窓口で商品の注文をします。いろいろ種類がありましたが初めてだったので看板メニューのちまき1個470円を購入。

すぐに食べることを伝えると、その場で温めてもらえます。注文してから温めるため、混雑にもよりますが約15分ほどはかかるそうです。

以前は店頭での販売には個数制限があったのですが、環境が整い量産が出来るようになったため、今は好きなだけ買えるようになったようです。

ちまきだけじゃない(メニュー)

2014年11月22日_12時02分20秒

台湾料理のお店なので、ちまき以外にも角煮やビーフン、豆枝、香腸などを販売しています。馴染みのない商品もありますがどれも美味しそうで気になります。

ネットや電話で発送することが可能

2014年11月22日_12時02分57秒

ちまきをネット注文やその場で配送注文することも出来ます。人気のため生産が追いつかず注文してから届くまで2週間ほどかかるそうです。この日もその場で食べたお客さんが美味しかったからと配送の注文をしていました。

ちまき屋のこだわりのちまき

2014年11月22日_12時31分39秒

温められたちまきを受け取りました。ど~んと手のひらサイズの大きさ。通常のおにぎりお1.5倍あるそうです。

2014年11月22日_12時32分24秒

2014年11月22日_12時35分06秒

日本風のちまきとは違い、モチ米の中には、角煮、干しエビ、椎茸、ピーナッツといった具がゴロっと入り、味付けも台湾料理独特の風味。最初、ちまき一個470円という価格に「ちょっと高いな」なんて思いましたが、食べて納得のボリュームと美味しさでした。

ちまきは売り切れ次第終了なので早めに行くことをおすすめします。

※メディアでの紹介などによる突発的な混雑により、店頭販売の状況が変わっています。行く前に必ずちまき屋HPを参照してください
ちまき屋HP

<ちまき屋>
営業時間:11時~18時
定休日:月曜
住所:神奈川県横浜市中区山下町186
電話:050-7522-3635

<おすすめ度>★★★★☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする