羽田深夜1時発ドラゴンエアーに乗った感想!香港トランジットでシンガポールへ

真冬の日本を抜け出し、常夏の国シンガポールに行きました。時間を有効に使うため、仕事が終わった後に行ける羽田深夜1時発のドラゴンエアーを利用。

ドラゴンエアーとは大手キャセイパシフィック空港の子会社で、今回は香港経由でのシンガポールです。

羽田から香港まではドラゴンエアーで香港からシンガポールはキャセイパシフィックという流れ。

キャセイパシフィックには何度も乗ったことがありますが、ドラゴンエアーは初めての体験。狭いのか?テレビは?機内食は?どうなんでしょう?

スポンサーリンク

羽田深夜発!ドラゴンエアーに乗った感想
2016年01月10日_18時09分27秒

ドラゴンエアーはLCCではないため、無料でスーツケースを預けることができます。

今回は子供連れだったため、ベビーカーも持っていきました。飛行機に乗る直前まで利用することが出来、トランジットの香港で渡され、またシンガポール行きのキャセイに乗るときに渡しました。直前まで利用できるので助かりました。

ドラゴンエアーには液晶画面が座席にありませんでした。子供が楽しみにしていただけに残念。まぁ行きは深夜だったため、熟睡していたので関係ありませんでしたが、帰りは昼間だったためがっかりしていました。

座席の間隔は特別狭いというほどではなかったと思います。

2016年01月07日_01時53分06秒

深夜だったこともあり、もしかして機内食は出ないのかな?と思っていましたが、深夜2時頃に配り始めました。さすがに半分くらいの乗客は夜遅いため熟睡中。ぼくも寝ていましたが、タイミング良く目が覚めました。こんな時間に食べるなんて太るなぁと思いながらもビールまでゲット!しかもデザートに出てきたハーゲンダッツもゲット!この時間にハーゲンダッツはやり過ぎかと思いましたが、溶けてしまうため残すわけにもいかずしっかりと完食。

アルコールも食事も出るため、やはりLCCとは違います。

2016年01月07日_06時37分05秒

朝5時半頃に、香港到着。バスでターミナルまで移動しました。

2016年01月07日_05時40分17秒

あまり混雑はなく、あっという間に手続き終了。

香港空港のフードコート

2016年01月07日_05時52分22秒

ここから香港空港で約一時間のトランジット。大きなフードコートがありました。早朝6時でしたがお店はほぼ営業中。

2016年01月07日_06時58分09秒

さぼてん、味千、マックと日本でおなじみの店も多いです。フードコートは隣接して2箇所あります。あらゆるジャンルがそろっています。

2016年01月07日_06時59分14秒

7時を過ぎるころには全てのお店がオープンし、行列を作る賑わいでした。フードコートはほぼカードが使えたため、両替をいちいちしなくて済むのでトランジットには助かりました。

キャセイパシフィックでシンガポールに出発

2016年01月10日_12時49分28秒

いよいよシンガポールに向けて出発。今度はキャセイパシフィック。

2016年01月07日_07時52分34秒

ドラゴンエアーとは違い液晶も完備。映画も豊富にありました。子供はアナと雪の女王を見て大喜び!

2016年01月07日_08時00分55秒

スマホの充電器もありました。

2016年01月07日_09時37分55秒

出発してすぐに食事。味はまぁまぁですね。

今回初めて乗ったドラゴンエアー。アメニティ以外はほぼ通常の飛行機と変わりませんでした。仕事が終わってから利用できるというのは大きな強み。弾丸香港旅行などにはとても便利だと思いました。

次回はいよいよシンガポールに到着です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする